大根の育て方のポイント

古代エジプトで栽培されていたというだいこんは、中国を経て渡来しました。


そのころ、保存食として漬物や切り干しなどの加工も行われ、


庶民の食生活に欠かせない地位を築きました。


ダイコン(大根)はアブラナ科の野菜です。


主として肥大した根、茎、胚軸を食用とするほか、種子から油が採れ、土壌改良にも利用されます。


形状や色も多様で、皮の色は主に白です(ハツカダイコンは赤など、白でないものも多い)。


日本では弥生時代には伝わり、在来種と中国ダイコンの交雑で栽培品種が成立しました。


江戸時代には関東の江戸近郊である板橋・練馬・浦和・三浦半島あたりが特産地となり、その中で練馬大根は特に有名です。


抜群の消化力を持ち、根は消化酸素(アミラーゼ)とビタミンが豊富で、


ビタミンCは内側よりも皮に近い部分に多く含まれています。



葉にはカロチンやビタミンC、カルシュウムが豊富に含まれています。


もみじおろし(大根と人参)は、人参に含まれるビタミンC酸化酵素が


大根のビタミンCを破壊しますが、食欲増進の効果があります。

Copyright © 家庭菜園で上手においしい大根を育てよう All rights reserved