玉ねぎの育て方のポイント

たまねぎの辛みは硫化アリルという硫黄を含む成分です。

たまねぎを切ると空気にふれてこの硫化アリルの仲間の催涙性物質が発生して涙が出るのです。


原産地は中央アジア。地中海沿岸ともいわれます。

古代エジプトで栽培され、ギリシャでは紀元前10世紀、ローマでは紀元前5世紀に栽培されていました。

旧約聖書や千夜一夜物語にも食べたり精力剤にする話がいくつか出てきます。

ただしヨーロッパ一帯に広まったのは、16世紀からです。

硫化アリルはビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。米食中心でビタミンB1の不足しがちが日本人には欠かせない野菜といえます。


たまねぎの原産地は中央アジアで明治時代に輸入されました。独特の辛味と香りが疲れや不眠症に効果があると言われています。 主成分の硫化アリルは水に溶けやすく、熱が加わると甘味成分に変化してしまいます。この成分を残して調理するためには、たまねぎをきざんで1時間以上放置してから調理するのがよいそうです。たまねぎはニンニクやラッキョウと兄弟分です。ニンニクの匂いが苦手の人はたまねぎで代用するのもよいでしょう。

Copyright © 玉ねぎの育て方 玉ねぎの上手な作り方 All rights reserved