低炭水化物 ダイエット

低炭水化物ダイエットとは

数あるダイエット方法の中に、
炭水化物摂取を減らすダイエットがあります。


たんぱく質や脂肪中心の食生活にし、
炭水化物の摂取量を減らすダイエットが
低炭水化物ダイエットです。


元々脂質やたんぱく質を含む食材が好物だという人なら、
低炭水化物ダイエットはやりやすいでしょう。


ロバート博士というアメリカの循環器系開業医によって
作られた食事制限が低炭水化物ダイエットのベースになっており、
現在では色々なダイエットに応用されているようです。



低炭水化物ダイエットの生まれたアメリカでは
多くの人がこのダイエットを実行に移しており、
アイスクリームやサンドイッチの売り上げに関わってくるというほど
低炭水化物ダイエットは人々に受け入れられています。



低炭水化物ダイエットをしている人でも食事ができる、
という点を重視してメニュー開発をする
レストランやファーストフード店も出てきました。


炭水化物は、唾液やすい臓から出される
アミラーゼという消化酵素でブドウ糖に分解されて吸収されます。


炭水化物を制限することでダイエットになるのは、
体の中で使用しきれなかったエネルギーは排出されずに
体脂肪となって体内に留まるので、その余剰エネルギーを減らすためです。



体のためにもダイエットのためにも、
アイスやお菓子の食べ過ぎを減らすことは望ましいことです。


日本で炭水化物というと、まず白いご飯を連想する人が多いでしょう。


白いご飯を食事メニューから外せば
低炭水化物ダイエットになると思っている方もいるようです。


ですが、ただ炭水化物を外した食事では、
ダイエットはうまくいかないようです。